病院で治せる病気、うつ病を正しく知ること

お医者さんと看護師さん達

治療方法

うつ病は、脳に発して心に重石をつけるような症状に、やがては身体的な症状に悩まされてしまうという病気です。
身体的な症状としては、食欲不振や睡眠障害といった人の基本的な生活を脅かすようなものがあります。心に現れる症状としては、命を自ら絶とうかと思いつめるほどの深い絶望感にかられてしまうということがあります。
このように、うつ病とは決して見過ごしには出来ない病気なのです。病院へ行き、診断をもらい、ドクターの指示に従ってしっかりとした治療をしていく必要があります。

治療の方法として挙げられる代表的なことは、2つあります。ひとつは、充分に心と体を休ませるということ。もうひとつは、薬を飲むこと。
心と体の休養は、うつ病治療の基本であると言ってもいいものです。うつ病になっている上に、さらに心と体を使うような仕事を続けたり、家事に携わったりしていると、症状はどんどん重くなっていってしまいます。
一度すべてを忘れて頭をクリアにして、気持ちのいい場所でゆっくりと休むということが必要なのです。心の重石を取り除き、体に絡みついた鎖をほどくための休養なのです。
そもそもの原因となった、脳の異常を治療するために薬を飲むというのも有効な方法です。ここで言う「異常」とは、具体的に言えば、脳内にある神経伝達物質の働きの異常。
神経伝達物質がスムーズに神経細胞のネットワークをめぐり、心の働きを制御することが出来るようにする効果がある薬を、病院では出してくれます。
抗うつ剤と呼ばれる薬は、現在ではほとんど副作用のないタイプのものが出ていて、気軽に飲めるものとなっています。

また、同じように脳の神経細胞に働きかける「磁気刺激療法」という方法も、最近では注目されはじめています。
薬を使わないこの方法は、わずかにある副作用の可能性も排除した、「最新の治療方法」です。
このように、「現代病」とも呼ばれるうつ病に対しては、さまざまな治療の方法が確立されています。